◆風叙音・fusionの句会より       (2012年1月-12月)

2012年12月句会より                                               

  今村 廣

退院の両手に荷物冬雲雀

この一枚捲らば八十路古暦

布団干す白眉月の蒼空へ

  加藤三恵

路地多き街何あさる寒雀

寒風に剣もて描く絵師武蔵

先人の轍又踏みて年暮るゝ

  小山昌子

木の枝にひよいと攫はれ冬帽子

能面に見つめられゐる寒さかな

駅弁の箸の短し冬日和 

  純  平

北風やペダル重たき波来(はらい)の地

また会はう白煙昇る秋の空

三代の浄土の庭や草もみぢ

  高山芳子

東京の駅舎に木枯し一号や

冬の星童話のふくろふ目を閉ぢて

コンビ二に学生集ふおでんかな

  千代延喜久美

瀟洒なるビルの向かうに冬茜

救命胴衣つけて下れり冬の川

紅葉と奇岩を愛でて川下り  

  角田美智

時刻むごとにカトレア開きゆき

蕾抱く鉢並びをり冬の窓

漱石忌青春の刻ひもどきぬ

  永井清信

紅葉の中の落照金閣寺

冬枯のスカイツリーに灯が点る

清水の舞台に立ちて秋暮れぬ

  永岡和子

寒風の阿蘇の五岳に仏見る

日向ぼこ石仏抱く榧大樹

夜廻りの子等の声冴え渡りけり

  永嶋隆英

あとさきの熊手をどりて人の波

ぬくぬくと揉み手暫しの冬の蠅

巻雲の西へいくすぢ冬日和

  中村達郎

軒下の干柿揺らす上州路

高崎や落葉舞ひ散る観音道

磴一面紅葉且つ散る伊香保かな

  西川ナミ子

茅葺の屋根の厚みや紅葉散る

低き陽の届かぬ居間や花八手

短日のはや日蔭なる昼餉かな

  日 差 子

時雨来て山門をゆく蛇の目傘

ボールペン擦れて終る雪便り

我ながら微熱抱へて風邪籠り

  風  香

「もつてのほか」旬の命をいただけり

手を合はせ真白き富士に今生きる

川端の小枝の先のつららかな

  山田詠子

寒晴やどこまで走る鐘の音 

昔人の御堂の床の寒暮かな

冬麗遠のく鉦は京の空

  渡辺克己

首長きモデル歩きや秋の宵

秋時雨灯りのうすき建長寺

里帰りカクテル唄ふ柚胡椒

  渡辺眞希

かやぶきの屋根に似合ひの干大根

襟巻や母の遺愛と語らひて

谷川に彩添へし錦かな

2012年11月句会より           

  荒木キヨ子

秋蝶の舌直角なる花の中

膝笑ひ蝕まれゆく暮秋かな

其の店に柊の花盛りなり

  今村 廣

炬燵して「団欒」と言ふ孤独かな

毛糸捲く妻の繰り言溶かすやに

背中から冬来る月の風呂帰り

  大月栄子

実紫たわわ式部の墓訪へば

吹きだまる落葉や児等の笑ひ声

鳴龍の音色ころがる秋の寺 

  加藤三恵

過去照らす裸電球酉の市

購ひし花にすゝきを少し添へ

土佐脱藩今宵同志と軍鶏の鍋

  小山昌子

百歳の車椅子押す文化の日

教はりし手話の挨拶冬ぬくし

奥の院までの代参散紅葉

  島影法子

秋晴や友の個展のかしましき 

きのこ狩り図鑑を囲む宿の夜 

米軍の基地ある路地に秋海棠 

  純  平

帰りたき家は何処ぞ窓の月

居酒屋で腸えぐる秋刀魚焼き

松茸や昔の香り失せにをり

  高山芳子

曼珠沙華花の姿の摩訶不思議

裸木の青天井に突き刺せり

金木犀こぼれし垣に猫の鳴き

  千代延喜久美

荒れ庭や凛と咲きたる冬薔薇

かさかさと音立て晨(あした)落葉掃く

お澄ましで祖母に連れられ七五三

  角田美智

たゆたひて淵に沈みし紅葉かな

石蕗咲きて茶庭の少し華やぎぬ

木の実降る闇の深さや二人鍋

  永岡和子

赤まんま径にチョークのものがたり

郷なまりのつぺい汁の長き夜

霜除けやタイヤで煙る石仏

  永嶋隆英

かき曇る鴉ばかりの野辺の冬

まどろめし栗うり婆や地蔵のやう

金木犀やぶれし垣にひそみたり

  中村達郎

陽だまりに秋桜揺るゝ狭庭かな

羊雲二人をつつむ秋日和

柿の実にへのへのもへじ文字をどり

  風  香

「夜灯(よとぼし)」に映る親子の小春かな

気がつけば残り一枚古暦

池の鯉枯葉小舟にたはむれて

  昌  代

山澄みて大空映す宮ヶ瀬湖 

石仏にそつと手向けし野菊かな

青蜜柑黄みの多きを選びけり

  山田詠子

長き夜や心残りのしをり差す

冬浅し腕押さへる針の跡

小夜更けて指先紅し山ぶだう

  渡辺克己

新涼や坂道眩し長き影

樹の翳の青蟷螂にはつとせり

木犀の小金(きん)の流れるかをりかな

  渡辺眞希

秋寒し大正池を渡る風

草紅葉ひたすら歩む尾瀬の径

栗御飯妣(はは)を想うて味比べ

2012年10月句会より                             フェルメール展

  荒木キヨ子

炎天下長蛇のひとになりてをり

夕べ吹く風に乱るや萩の花

爽籟や献立決まりペダル踏む

  今村 廣

地図の駅ルーペで拾ふ冬隣

風呂吹きや妻が口伝の落し蓋

チェロの音の高層茶房秋惜しむ

  加藤三恵

新蕎麦や椅子のがたつく茶屋に寄る

碧眼の女将いづくへ秋深し

隣家より伸びた一枝柿たわゝ 

  小山昌子

加齢てふ一語便利やねこじやらし

鰐口をそつと鳴らして秋惜しむ

露けしや二つ並びししるべ石 

  島影法子

寂として木の実落つおと忠霊塔

墓参供えし花に誰と知る

りんだうの対となりうるひとあらば

  純  平

近づけばわつと飛び出す稲子かな 

ほろ酔ひて鍵孔さぐる月夜かな 

床臥して自分史辿る秋の暮 

  高山芳子

季変わり雲の移ろひ毛布干す

アルプスの野に佇つ少女秋桜

逝く秋の街の灯りよ人想ふ

  角田美智

姿よき桂華やぎ雁過ぐる

炉開きや父の遺愛の鼠志野

秋茄子の色手に染めて夕厨

  永井清信

幼の日路地の景色や秋刀魚焼く

秋惜しむ野山の色や里の風

松茸の名残り鱧との融和かな

  永岡和子

ちやんづけの呼び声かかる秋祭

秋気満つ神橋渡り完歩せり

サフランの妖しき苑にときめきぬ

  永嶋隆英 

身をさらし肌の紅きや曼珠沙華

鱗雲眼鏡の母の糸とほし

秋の蝉艶めく骸はたと落ち

  中村達郎

蟋蟀の声に明日もと励まされ

夏空や湯煙り越しに舟二艘

花の彩言葉惑はす酔芙蓉

  日 差 子

天平の風鐸とぞや秋気澄む

待宵や富士片裾を長く曳き

穴惑ひ行く手を塞ぐ思案かな

  風  香

我遊ぶ指の先には蜻蛉かな

サハリンの月見の宴や腹鼓

枯葉舞ひアムール河に日が沈む

  山田詠子

颱風過果てまで抜けむ青の天 

稔り田に絵筆の如く雲の影

出羽の旅錦衣の神の山

  瑠  璃

撫子の勁風ありて揺れにけり

傾げつつ風聞き分ける破れ蓮

今日もまた恙なく暮れ秋刀魚焼く

  渡辺克己

今朝もまた湧き上がる雲暑きかな

はるかよりにごりて流る江南夏

生かされてあはれ今年の蝉しぐれ

2012年9月句会より                                   

  荒木キヨ子

宿題の追込みの子に明日九月

七十路の頼る時薬深む秋

病葉に移ろふ風の音ありぬ

  今村 廣

稲刈りて沖の明日見る漁師の眼

往にし日追ふ武者の雄叫び秋祭り

踊の輪その外の輪の曼珠沙華

  加藤三恵

錆目立つ自動販売機島は秋

白秋や背表紙あせし本読めり

走馬灯しばらく止まれ月昇る 

  小山昌子

購ひし鉢に纏はる秋の蝶

コスモスの危ふきまでに丈高し

爽籟や朝刊読みし樹下なれば

  島影法子

寂として結実のなきゴーヤ花

やはらかきやさしき彩よ紅芙蓉

はらからの集ひて散りて盆の月

  純  平

「なでしこ」や女子力目立つ夏五輪

朝顔や白が決め手の色模様

介護帰省母の鼾で午睡かな

  高山芳子

犬吠や大夕焼をのみこめり

空蝉や細木に揺られ晒されり

盆提灯秘めて廻りて母想ふ

  千代延喜久美

しまひ湯に瞑想続く秋の夜

入選の報せのありて天高し

虫すだく闇に猫等の気配して

  角田美智

青瓢指折り数ふ幼かな

薄原風にゆだねし穂波かな

閉めかねて佇ちつくし居る良夜かな

  永岡和子

うはばみの友の育てし酔芙蓉

菊日和ゐずまひ正し聴く法話

留守の間に忘れしオクラ角笛に

  永嶋隆英 

つくづくと鳴きて止みたる法師蝉

十数多たちまち染むる赤とんぼ

秋つばめ二番子立ちて虚ろなり

  中村達郎

夏の夜に響く鼓の能舞台

靴音にしばし止みたる虫の声

ミスショットボールに止まる赤蜻蛉

  日 差 子

処暑なれど三十五度を指す現

鉦叩読点のごと鳴きにけり

向日葵の深く頭を垂る広島忌

  風  香

立佞武多天まで届けヤッテマレ

幾百の風船かづら個々に揺れ

山寺の読経に混じる蝉の声

  山田詠子

野の丘に泳ぐ芒と白き雲 

救急の音遠ざかる秋の朝

藪からし怖さ知らずに伸びにけり

  瑠  璃

爽籟やデッキに風の吹きぬけて

雨上がりとたん幕開き蝉時雨

たをやかに湖渡りゆく蜻蛉かな

  渡辺克己

素足にて一日ぶらりぶらりかな

来し方の巡る思ひや蝉しぐれ

孫たちと遊ぶ水辺に夏の雲

2012年8月句会より                  

  荒木キヨ子

涼一字挨拶届く友の筆

蓮の花大いなる掌(て)に抱かれて

姿見に身体のライン夏衣

  今村 廣

児の尿吹き曲ぐ川面すでに秋

西瓜食ふ全身顔のサッカー児

盆供養犬と夫婦が卓袱台に

  岡 郁子

彼の人と一献の酒鰯雲

今日も暮れ明日も暮れなむ十三夜

満天の星の動ける螢かな 

  加藤三恵

どくだみの乱舞少年兵の墓

ビヤホール片隅の席さがしけり

汗しとゞ湯垢は人の垢なりき

  小山昌子

新涼や折目正しき栞紐

指先に移して丸き夏の露

空堀に零るる砂も晩夏かな

  島影法子

繕うて静かに揺らす古扇

緑蔭に園児たはむる忠霊塔

破れ傘ハラリと揚げて山の宿

  純  平

鳥海山(ちょうかい)の湧水下る青田かな

万緑を映して流る最上川

風死せり「おくりびと」撮りし昭和な街

  高山芳子

栗の花夜の静寂に香を添へ

祝宴のあとの茶漬や夏の月

夏足袋の鞐(こはぜ)の緊(し)まる晴れの日に

  千代延喜久美

シリアより悲報続きし炎暑かな

故里の友より届きし夏見舞

処暑なれど耐え難き日の暑さかな

  角田美智

病臥して狭き宇宙や月下弦

蜩の声涼やかや病癒ゆ

遣水の薄暮の庭や虫すだく

  永岡和子 

夕焼の空も馳走と酒酌めり

睡蓮や飛石づたひ描きをり

応援歌夢追ひ人の夏五輪

  永嶋隆英

天に透け仙人掌の花真つ白く

楠や木の下闇に鴉鳴く

はよ逃げよ芋虫のたり蟻のみち

  中村達郎

猛暑の夜ほつと一息酒に酌(ゑ)

風吹きて風鈴騒ぐ大師かな

ルリビタキ木漏れ陽あびて風になる

  日 差 子

向き合うて本音は云はず心太

凌霄花(のうぜん)に漏るる灯のあり葬の家

蟬すだく青春は即晩年を

  風  香

玉露を集めて願ひ短冊に 

白無垢の五葉躑躅(つつじ)やうつむきて

木槿(むくげ)咲き花傘たたみ黄泉(よみ)の国

  槙田節子

蜩や季節変わりを惜しみつつ

虫の声昼の喧噪拭ひ去り

金色の眩しき稲穂育て上ぐ

  森田 風

寝ころがる畳表や夏の蝶

朝採りの胡瓜食む音清々し

氷上を舞ふや目覚めの熱帯夜

  山田詠子

苧殻火(おがらび)のゆらぎに夫(つま)の影を追ひ

裏返る蟬の頼りや指の先

噴水に負けじとはぬる児らの声

  瑠  璃

あんみつの寒天の角尖りけり

花火大会川辺の地をも轟かせ

蓮の花いにしへの香の幽かなり

  渡辺克己

夕焼の終へて浮き立つ池の道

腰痛や夫婦でこなす草むしり

夜の帷(とばり)一日おはりてビールかな

2012年7月句会より                          

  荒木キヨ子

梅雨寒や塀の落書点々と

姪逝きて翳急ぎ行く夏の蝶

今日の雨凌霄の花と落ちにけり

  今村 廣

蝦夷白蝶だけのホームに帰省せり

青時雨機銃掃射の往にし路

炎昼や溜息ひとつして駅へ

  岡 郁子

草津の湯嬶天下とそばの花

笹の葉に七色の夢夏柑糖

無人駅鮮やかに咲くチューリップ 

  加藤三恵

東京ッ子が江戸ッ子になる川開き

語り部は崩れし築地信長忌

母逝きて森へと帰る黒揚羽

  小山昌子

盛り塩の角すつきりと夕涼し

校庭を猫の横切る夏休み

草引きて一人の世界広げけり

  島影法子

紫陽花や雨だれ彩に奏でたり

梅雨の色言の葉足りず表せず

みすゞかる信濃の郷の花檀

  純  平

夏の海松の葉枯れし津波高

梅雨寒や長袖だして腕まくり

迎へ梅雨杖をつきつき母はデイサービス

  高山芳子

古簾さらに一季を耐えなむと

化粧(けはひ)してあぢさゐの季君逝きぬ

形見とは君が忘れしサングラス

  千代延喜久美

青田抜け林を抜けて美術館

夏服の女学生等は賑々し

とりどりの薔薇に囲まれ写生会

  角田美智

花野続くアルプスの大気吾を抱く

アルプスの裾野どこまで花野かな

花野めぐりわれもいつしかハイジかな

  永井清信

夏の宵三味の音響く屋形船

日照雨かな木蔭で憩ふ雨蛙

大文字賀茂の河原に見てをれり

  永岡和子

夕焼や頻伽の翼舞ふごとし

雲海やはるばる拝し経納め

迷想や夏鶯に凛とせし

  永嶋隆英

あぢさゐの青こんもりと陽を浴びて

つばくろのまた来てをれり軒の下

子雀やパンを啄み跳ねてをり

  中村達郎

雨蛙葉裏に廻り雨宿り

紫陽花の彩の盛りや通勤路

梅雨晴のバスに忘れし男傘

  日 差 子

青時雨抜けて「夕焼け小焼け」の碑

跳び出でてとうせんばうかや雨蛙

彼の岸の誰ぞ纏はる揚羽蝶

  風  香

四葩より七変化かな雨の彩 

エゴの木や白き鈴つけシャンシャンと

郭公啼く母呼ぶ声の谺せり

  槙田節子

鮮やかに炒められしや夏野菜

梅雨明けの空一面の青さかな

満天の星の輝く夏の空

  森田 風

冷麦の隠れ色挿す昼餉かな

人の世も紫陽花なりき七変化

向日葵に日傘貸したし日中かな

  山田詠子

夏の夕するどく裂くか飛行機雲

夏曉や時計の針のしのび足

幸願ふ茅の輪くゞりの笑顔かな

  瑠  璃

来し方を思ひ返して半夏生

捩花のすつくとあまたすまし顔

川渡る風を携へ夏の旅

  渡辺克己

紫陽花を抱へて帰る笑顔かな

蕨狩る夫呼ぶ声や白き嶺

体操の掛け声消ゆる茂りかな

2012年6月句会より                    

  青野愛子

左右(さう)を見て蛇出でし道突つ走り

雨に濡れ紫陽花彩を深めけり

たぎる汗拭きつゝ急ぐ父兄会

  荒木キヨ子

夏場所の泪の力士美男なり

水滴に葉の眩しさや岩たばこ

色添へるパラグライダーお花畑

  今村 廣

三峯や絵馬と語らふ夏木立

船溜まり雁字搦めに夏台風

ところてん妻の突きたる三時かな

  岡  郁子

あぢさゐの青の染み入る汝(な)の眸(ひとみ)

割引のメロン買ひけり雨疎し

朝顔の蔓の巻上辿りけり

  加藤三恵

紫陽花に降る銀の雨古都かすむ

梅雨兆し大気に紫煙とゞまれり

碧眼の担ぎ手目立つ三社祭

  川上 章

あぢさゐの紫目立つ雨の朝

  小山昌子

待ちわびし本の続編梅雨曇り

泥んこのサッカーボール梅雨晴間

一山に響く声明風涼し

  島影法子

夏めくやギプスの白のうとましさ

ドクダミや世事をいとはず涼しげに

アスパラガス北の大地に友ありて

  純  平

波かぶりし声なき学舎青葉のみ

春の波ここまで来たか崖の上

まげねつちや被災家跡に鯉のぼり

  高山芳子

夕暮れて帰り告げたる仏法僧

芍薬や貴婦人独り佇(た)ちにけり

左顧(さこ)すればヘンゼルの家バラの家

  千代延喜久美

老鶯の声や朝餉に聞こえたり

蔓薔薇をめぐらし密(ひそ)とをんな住む

新緑の牧場や人馬姿なし

  角田美智

ぬれ縁に落し文あり山の家

ほとゝぎす落葉松林貫きぬ

初鮎や詫びつゝ串を打ちてをり

  永井清信

雨垂れを葉陰に溜めて夏木立

初夏の雨の上がりて道祖神

鳥たちの喝を癒せし石清水

  永岡和子

父母遙か共に札打つ夏遍路

夏の宵ぼつちやんの湯へ下駄ならし

雪溪や恥ぢらひ化粧(けは)ふ朝の顔

  中村達郎

隣家(となりや)の紫陽花ほむる声高し

艶やかな薔薇に陽の射す植物園

古都ゆけばほどなく風の薫りかな

  日 差 子

翡翠(かはせみ)の一閃(いつせん)(とろ)を乱しけり

(き)り賜(た)びし芍薬卓に厨人(くりやびと)

異次元の入口めくや木下闇

  森田 風

夕暮れて足音拾ふ月見草

てつせんの藍つよくして垣根内

窓外に見ゆる植田や神々し

  山田詠子

若葉風集ふ羅漢に我の貌

見はるかす色づく麦の穂波かな

菖蒲園黙(もだ)して競ふ艶姿

  瑠  璃

薫風に羽ばたく親子佐渡の朱鷺

十薬や木蔭に生ひて気を放ち

新樹光走り根いづち遊山かな

  渡辺克己

梅の実の待つ人なしに落つるあり

若葉風齢古りたる犬二匹

逝きし世の面影とほく西行忌

2012年5月句会より                         

  荒木キヨ子

咲き満ちて宙を見上ぐる芥子坊主

ランドセルスキップの背に進級日

つばくろや建て増す家の心地よさ

  今村 廣

蚊生(あ)るる就活つ子が頰叩き

断水に主婦のあれこれ路地薄暑

老鶯の影なき回向(ゑかう)切り枝に

  岡 郁子

剪定をすれば負けじと出る若葉

微笑みし桜の花に笑み返し

花もよし葉桜もよし盃重ね

  小山昌子

先達にひたすら付きて朴の花

通りまでカラオケ洩るる薄暑かな

植木屋に大きな穴や聖五月

  島影法子

鯉幟(こひのぼり)未来へ繋ぐ風吹きて

咲き積んでなじませゆくや春の色

母子草その名に魅かれ目をこらし

  純  平

雨降りて木立ち黒ずみ青葉浮く

花散らしそつと踏み入る白き径(みち)

歩いても歩いてもなほ青き森

  高山芳子

雨上がりモザイク模様の桜しべ

たひつり草右へ左へ竿渡し

風と来る蒲公英(たんぽぽ)の絮(わた)消えゆけり

  角田美智

掃く後を白き落花のまとひ来し

睡蓮の花なびかせて風渡る

小さき実を落としつ育つ花蜜柑

  永井清信

夏の空奪ひて覆ふ八手かな

石灯籠屋根に集ひし落椿

けふもまた卯の花腐(くだ)し降(くだ)すとは

  永岡和子

薫風に光るオランダ風車群

緑さす運河巡りの至福どき

山歩き滴り掬ひ一服す

  中村達郎

青空を飲み込んでゐる鯉幟

九十九折青葉若葉のつづらをり

茶畑の新芽波打つ新東名

  日 差 子

廃屋の蔦に若葉の季(とき)巡る

花の塵押し分けすいと鯉の影

甘藍(かんらん)の渦ひびきあふ日照雨(そばへ)かな

  風  香

団結すなんぢやもんぢやの白き花

チューリップ閉ぢて花虫飛びいづる

花吹雪川面に寂と浮かびをり

  森田 風

(かうべ)垂るそれも愛しき矢車草

ゴールなし追ひかけつこの草むしり

蒲公英の絮や何処まで新天地

  山田詠子

高速路彼方へ誘ふ花水木

故郷の山ふくらみて春の風

神域に雅楽の調べ春の雨

  吉岡瑠璃

鯉幟大きな口に風の精

茎伸ばす河骨の花雲絶えず

縁欠けし夫婦茶碗の新茶かな

  渡辺克己

かたすみに父の命日福寿草

ゴシックの寺院儼(げん)とし冬の旅

花弁(はなびら)としづくの光春の雨

2012年4月句会より                  

  荒木キヨ子

一面に椿の落ちて雨の中

天空に会話してをり紫木蓮

咲き満ちてひとひらの花チューリップ

  伊藤裕己枝

花の名も知らず覚えず春うらら

薄化粧して逝く君や春浅し

濁り川を覆いて流る花筏

  今村 廣

この一献いまが青春花吹雪

借り傘に鮨やの屋号春時雨

草餅や妻が自賛の指窪み

  大木とし子

蒲公英の座つてつどふ笑顔かな

「オノマトペのうた」春のりのりで踊り出す

遅き春我もわれもと咲き競ふ

  加藤三恵

セロファンに包まれ虞美人草の散る

花あびてオカッパスキップランララン

菜の花の似合ふ農婦の顔のしわ

  小山昌子

入山料コトリと入れて花巡り

笈摺(おいずる)を脱ぎ花人の顔となる

案内図に石の重しや散る桜

  島影法子

さりげなく桜ひとひら箸置きに

ランドセル三分の桜背中押し

沈丁花急ぎの道を立ち止まり

  高山芳子

春の雨若住職の読経かな

高熱に身を持て余す春の夢

風と来て食卓に居る天道虫

  角田美智

こゝまでも舞うて来てかや花吹雪

去年の地を少し違へて金蘭生ふ

シャボン玉摑まむと跳ぶ幼かな

  永井清信

混沌の山野に咲ける八重桜

盃の中のひとひら花ざかり

雪解けを待ちこがれをる君なれば

  永岡和子

海蒼し花散る先は壇ノ浦

炊き上げし玉筋魚(いかなご)届きお代はりす

空海の生誕地立つ遍路かな

  中村達郎

桜枝や雀啄む昼下がり

ポケットに指を遊ばす花の冷

いつもより桜の開花遅々として

  日 差 子

見はるかす芽吹きの果ての落暉かな

新しき戒名の彫り風光る

脈絡のなく和みゐて春の夢

  山田英子

愛らしき稚児のおすまし花祭

背伸びする草木にそそぐ春の雨

勢揃ひ肩をいからす一年生

  吉岡瑠璃

はにかみて堅香子の花又揺らぐ

のどかさよ大師見守る猫まろし

背筋伸びはじめの一歩風光る

  渡辺克己

冬の月浴びて唯我のここちかな

黒々と知らず高みの枯木立

山越の風紅の雪しるべ

2012年3月句会より                       

  荒木キヨ子

春蘭へ想ひ出残し逝きし友

冬の庭嘴ぬらし鳥去りぬ

下萌ゆる土の中より笑みしをり

  今村 廣

来し方の影ひきずるや彼岸道

余生いま犬と干鱈を義歯で嚙み

紫木蓮写す隅田に触れ太鼓

  大木とし子

冬の夕紅引く富士に見とれをり

芽出るまで落ちるものかと柏の葉

春よ来い天満宮へ願ひごと

  岡 郁子

桜咲く隣はいつも同じ顔

桜鯛ほのかに染まる御酒(みき)にかな

好きと訊き嫌ひと応ふ春隣

  加藤三恵

片言のごと春の夜のオルゴール

通ひつめ通ひつめなほ桜かな

西行の悲恋桜の罪ならず

  小山昌子

ふらここや微動だにせぬ真昼なり

山崩れ著(しる)き木の国春遅々と

暖かや濡れ縁に干すぬひぐるみ

  島影法子

春の雪消えて陽射しのやはきこと

娘あり解(ほど)かぬままの雛(ひいな)かな

日蔭にも菜花のありて揺らぎをり

  純  平

東風(こち)吹かば木々の蕾の膨らめり

朝散歩眼のかゆみして花粉かな

落椿寿命のあるを老婆言ふ

  高山芳子

吉野路や往(い)にしをしのぶ春の雨

硝子戸を斜めに区切る春の雪

恋猫の背中に向けて文句言ふ

  角田美智

土筆摘む幼に戻るすべなくも

(はは)に似し節くれの指雛飾る

さらさらと流れ落ちたる春の水

  永井清信

紅梅の馥郁あるや子を想ふ

ほろ苦き遠き想ひ出蕗の薹

雛飾る異国の娘を思ひやり

  永岡和子

朝靄の春色の街駆け抜ける

菜種梅雨詰碁に籠る夫(つま)の居て

野焼き跡其処此処新た生ひにけり

  福島直子

夕映へて薄墨の中富士は春

アルバムの向かう見てをり桃節句

菜の花のからし和え載る朝餉かな

  山田英子

目の泳ぎ頰いつぱいの苺狩

梅の香に一服の茶を点てにけり

下萌は声を潜めて時宜待てり

  吉岡瑠璃

目覚めたる大地を裹(つつ)む春の雪

雛の顔一筆そつと紅をさす

浅き春木々の枝先戸惑へり

  渡辺克己

山越の風聴く晨(あした)落葉かな

山越の風聴く秋の寺詣り

山寺の地蔵を裹(つつ)む紅葉かな

2012年2月句会より          

  荒木キヨ子

白菜の旨み増すなり卓の上

野菜くづ端より新芽伸びてをり

春めくや衣脱ぎ去る松並木

  今村 廣

杖磨く妻に紫雲英(げんげ)の便りの来

紙風船おさげの天に突きにけり

受験子や言祝(ことほ)ぐ路地へVサイン

  大木とし子

乙女像雪のショールを纏(まと)ひをり

北風に夫(つま)のポケット指絡め

鬼は外内で角出す弁慶か

  岡 郁子

福は内豆の数ほど辛きこと

しくじりの続く七十路春立ちぬ

歌に生き愛に生きたし春時雨

  加藤三恵

花柄の傘に一会の春の雪

スカイツリー背後に侍る雪の富士

硬骨を秘め優艶の桜鯛

  小山昌子

天つ日に微笑みてをり犬ふぐり

犬好きを犬の嗅ぎ分け春の土手

鎖樋伝ふ雨音春浅し

  島影法子

強情に翁着ぶくれ朝散歩

雪国や志功の朱(あか)に温まる

枯銀杏身軽になりて天突けり

  高山芳子

己が道全て埋めたし今朝の雪

雪月夜携帯電話の震へをり

春炬燵より老ゆる我引き出せり

  角田美智

月凍つる通夜の帰りの皆無口

宵の口灯るがに咲く太郎庵椿

群鴨の羽色違へて日和かな

  永井清信

春嶺の幹に溢るゝ樹液かな

初春の晴の佳き日や姪嫁ぐ

節分に福を招じる火宅かな

  永岡和子

栄華見し鰊御殿の雛(ひいな)かな

語り部に心ゆるびて春を待つ

鳥帰る子等の頭上を巡りつゝ

  中村達郎

街中に色とりどりの冬帽子

寒空に裸練りゆくどんと祭

七草の湯気に笑(え)まふや妻の顔

  福島直子

細枝の雪を抱きてたわゝなり

水仙のすくつと咲くや深呼吸

龍神の舞へる姿や夜半の雪

  槙田節子

枯枝に野鳥の番(つがひ)一服す

春立ちぬことに陽光眩しけり

梅一輪微笑む如くほころべり

  吉岡瑠璃

寒天を炎が染めて筆供養

薄氷(うすらひ)に波紋描きて途切れけり

蒼天に餅花揺るゝ寺の町

  渡辺克己

菅平翳低くして枯木立

かさかさと朝踏みゆかむ落葉かな

春めきて天に背筋を伸ばしけり

2012年1月句会より                

  荒木キヨ子

初夢や句会賑はふ人の数

冬薔薇の寄り添ふ影の二輪かな

不器用に黙して置かれお年玉

  今村 廣

賀状来る余白に友の予後の筆

煮凝りやつるりと遊ぶ老の箸

寒牡丹咲かせし女史の艶話

  大木とし子

蟷螂(かまきり)の斧ふりかざし猫ひるむ

初春や風の吹くまま進もかな

白富士の日増しに厚き化粧かな

  岡 郁子

歳旦やなほのうのうと生きやうか

初夢やへそくりごそり見つけられ

山茶花の残り一輪見つめ合ひ

  加藤三恵

初雪や見知らぬ人と言ひかはす

冬の月点滴伝ひ明滅す

初釜の口直しする喫茶店

  島影法子

湯たんぽを時代遅れと老母言ひ

(こがらし)もよけて通るか若き肌

枯菊や柵にもたれて空仰ぐ

  純  平

ほどほどの帳尻となる師走かな

薄明に交はす挨拶息白し

落第すこれも教へと神の声

  高山芳子

新米を研ぐ手常より恭(うやうや)

おづおづと冷えし肉球踏みしだき

寒月や痛み貫く蹠(あうら)まで

  角田美智

寒の水梅花藻透かし流れけり

白鳥の親子遊ばせ池静か

初雪をまとひて樹々の華やげり

  永井清信

蒼穹に万両の実の垂れ下がり

爐辺にて老婆の糸を紡ぎをり

正月や絵馬に託する我が想ひ

  永岡和子

太陽を待ち兼ねてをり霧氷原

初夢の豪華客船露と消え

寒風に見上ぐる楓(フウ)の実のひとつ

  中村達郎

霜柱さくさくさくとしもばしら

新春の函嶺洞門走者ゆく

初富士や願ひ込めつつティーショット

  福島直子

霜柱踏みて歌ふは「春よ来い」

焼きたてのパンるんるんと冬の朝

小さき手にぎにぎ絆春近し

  槙田節子

除夜の鐘聞くや否やに参詣す

御福銭受けて破顔の初詣

冬枯れの景色眺めて待ちこがる

  山田英子

やはらかな陽射しをついで賀状読む

裸木やたへてしのびて生命継ぎ

神の杜平穏願ひ初参り

  吉岡瑠璃

初空や鐘の響きの澄み渡り

三陸にいのちの羽音初雀

滔々(たうたう)と大河の流れ去年今年(こぞことし)

  渡辺克己

山茶花のこぼれて温し花の数

ところ得て紅葉の影や地蔵達

日月(じつげつ)の経りし背中の紅葉かな

 2015年 ⇒ http://fusion.p-kit.com/page335538.html

 2014年10-12月 ⇒ http://fusion.p-kit.com/page0006.html          

 2014年1-9月 ⇒ http://fusion.p-kit.com/page316625.html

 2013年 ⇒ http://fusion.p-kit.com/page279657.html

 2011年 ⇒ http://fusion.p-kit.com/page202741.html

                           

 

                       

  幸せを運ぶ十七音

       

春服の色教へてよ揚雲雀(太宰 治)

人去つて空しき菊や白き咲く(芥川龍之介)             

古郷を磁石に探る霞かな(平賀源内)                 

■秋立つやたたうに残るうすじめり(福永武彦)            

鐘つけば銀杏ちるなり建長寺(夏目漱石) 

                  

            

                                 

  つれづれなるままに

      

■松井茂樹の光と翳

東 悠紀恵の美の世界

■最長老ジャズ・ピアニストの死                                 

■アイリーン・フェットマンの絵画

■マリー・ローランサンと堀口大學

                   

                                                 

  風叙音・fusionの和

             

■八木 健さんの句―滑稽俳句の世界

          

              

                                         

  俳句は楽し―吟行記

         

■21世紀の森と広場

■京都・大津吟行記

■飛鳥・吉野吟行記

          

                              

  受贈句歌集

        

■風薫る

■疑似幾何学者のほほえみ

句集 墨水

句集 一都一府六県

■花もまた

句集 街のさざなみ

■はじまりの樹     

■鬼古里の賦

■微熱のにほひ

■森の句集               

■大輪靖宏句集             

■槙

■こでまり

■路地に花咲く

■伊東肇集

■精霊蜻蛉

■鯊日和

■いのちなが

■過ぎ航けり

■夏の楽しみ

■福寿草

■月の兎

                   

      

            

  仲間(会員)募集中

風叙音・fusionでは、一緒に俳句を楽しむ仲間を募集しています。

俳句に興味のある方のご参加をお待ちしています。「問い合わせ」メールにて、ご連絡ください。